JR荻窪駅南口より徒歩3分。耳鼻科、睡眠時無呼吸症候群は荻窪中尾耳鼻咽喉科医院へ

メニュー
混雑状況の確認
順番待ちはこちら
順番待ち予約。PC・携帯電話から予約ができます。QRコードはこちら
順番待ち予約。PC・携帯電話から予約ができます。QRコードはこちら

当院概要

地図

荻窪中尾耳鼻咽喉科医院

診療内容:耳鼻咽喉科
東京都杉並区荻窪5-20-10
ミカワヤビル3F
JR荻窪駅南口より徒歩3分

今月の健康情報

荻窪中尾耳鼻咽喉科 > 睡眠時無呼吸症候群
睡眠

日中の活発な活動のためには、正しい睡眠が大切です。 正しい睡眠とは、

  •  十分な睡眠
  •  質の高い睡眠
の両方が重要です。

いくら睡眠時間が長くても、質のよい睡眠が得られ無ければ、身体は十分な休息を得られず、日中の活動に様々な悪影響が見られます。特に、睡眠の質を低下させる病気として、近年注目されているのが、「睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」と言う病気です。日本には300万人の潜在患者がいると言われています。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中にいびきと共に呼吸停止がおこることによって睡眠障害を引き起こす病気です。

いびきと睡眠時無呼吸症候群

いびきは、眠っている間に狭くなった気道で呼吸をすると発生します。その原因は、舌が気道へ落ち込む、首周りの脂肪による気道の圧迫、扁桃肥大などですが、気道が完全にふさがってしまうと睡眠時無呼吸症候群となります。

睡眠中に、気道が塞がってしまうと、呼吸が一時的に停止します。この無呼吸が原因で、深い眠りが得られず、目覚めがすっきりせず体がだるかったり、昼間に強い眠気が襲ったりします。

いびきの原因
重大な合併症

睡眠時無呼吸症候群が重篤な状態になると、日中の眠気や集中力の欠如が発生します。睡眠時無呼吸症候群が原因の交通事故なども多く報告されており、見過ごすことができなくなっています。 更には、睡眠を阻害するだけでは無く、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしたり、高血圧、糖尿病の原因にもなります。

主な症状
睡眠時無呼吸症候群の主な症状

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に十分な酸素が供給されないため、それに伴う日中の眠気や集中力の低下、および夜間のいびき、頻繁な覚醒などの症状があります。

  • 睡眠中の大きないびき
  • 睡眠中の無呼吸や低呼吸
  • 集中力の低下
  • 日中の著しい眠気・倦怠感
  • 起床時の頭痛
  • 夜間の中途覚醒・頻尿
  • 起床時の口腔乾燥感
  • 胸焼け・夜尿 など

眠気による交通事故の危険性や放置すると生命の危険に及ぶ場合もあります。

主な原因

睡眠時無呼吸症候群は肥満型の男性に多く、他に扁桃腺肥大や顎が細い人などもなりやすい傾向にあります。基本的には、気道が狭くなりえる要因が睡眠時無呼吸症候群の原因となりえます。

  • 肥満
  • 肥満による首周りの脂肪の沈着などにより気道が狭くなります。
  • 口の中にある臓器の肥大
  • 扁桃肥大、アデノイド肥大、舌が特別に大きい巨舌症などにより、気道が狭くなっています。
  • 顎が細くて小さい人
  • 顎が小さいことでもともと気道が狭い
  • 閉経後の女性

患者数は全人口の約2〜3%、潜在患者は300万人とも言われ、男性に多い傾向があります。また、正常体重の人や小児でも睡眠時無呼吸症候群は見られます。

睡眠時無呼吸症候群の検査

初診(問診・検査)

まずは、初診にて医師の診察を受けて頂きます。睡眠に関する簡単な質問票と身体測定、血圧などの基本的な検査を行います。

精密検査(PSG検査)

問診の結果、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合は一泊入院検査(PSG検査)を行います。脳波、呼吸、心電図などを元に詳細な睡眠状態を検査します。

病院での終夜ポリグラフ検査

当院では、精密検査を行うための病室(全室個室)を完備しています。精密検査(PSG検査)は、身体に様々なセンサーを取り付け、睡眠中の脳波、呼吸状態、心電図、体位などを記録し、睡眠の質や呼吸状態を解析します。

個室の写真 全室個室を完備しています。
検査の様子の写真 脳波や呼吸状態などを確認します。
モニターを見ている看護師写真 睡眠時の様子をモニタリングします。
検査結果の説明
検査結果をもとに、医師より睡眠状態の説明と診断、および治療が必要な場合には治療法を説明します。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療は、以下の5つの方法があります。
  • ダイエット
  • 飲酒の制限・禁煙
  • マウスピース(口腔内装具)
  • 外科手術
  • CPAP療法

一般的にはCPAP(シーパップ)という器械を使い、鼻マスクを通して一定圧の空気を送り、のどが塞がるのを防ぐ”CPAP療法”がもっとも有効で推奨されています。口腔内装置(マウスピース)により、下顎を動く範囲で可能な限り前方に移動させ、気道の拡大を図る装置があります。その他、軟口蓋形成術や骨格形成の手術などの方法がありますが、手術の適応があり、全例に効果があるとは限りません。

CPAP療法とは

一般的にはCPAP(シーパップ)という器械を使い、鼻マスクを通して一定圧の空気を送り、のどが塞がるのを防ぐCPAP療法がもっとも有効で推奨されています。

睡眠

装置からあらかじめ設定された圧力(陽圧)を気道に送り気道を陽圧に保つことにより舌根の落ち込みによる閉塞部分が広がり気道が閉塞しないようにする治療です。

※CPAP療法を行うには、厚生労働省の定めにより、月1回の通院が必要です。

はじめから上手く行かない方もいらっしゃいます

CPAPを使い始めて最初は違和感などを感じますが、気負わず、気長にやっていきましょう。CPAP導入で一回失敗した方のご相談もお受けしております。

CPAP療法の注意点